クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み

クレジット」は、現金の持ち合わせがない時や、海外旅行での支払いなどでとても便利です。
又、”年会費が無料”のクレジットカードもありますね。徐々に便利で、手軽になりつつあります。
ポイントが「お得感」を煽っているのも事実でしょう。


ですが、その利便性の反面で”トラブル”も聞かれます。
そもそもクレジットカードとはなんなのか、またどういった利点、
不利益があるのでしょうか? 
クレジットカードと言うものをシッカリと理解したうえで使いたいものですよね。


クレジットカードというのは、商品を購入するときの”支払い手段”の一つです。カードには、
契約者の番号や、そのほかの情報が記載、または記録されています。磁気ストライプによるカードと、
ICによるカードの2種類があります。


クレジットカードの使い方は、第一にクレジットカードが利用できる加盟店でクレジットカードを提示し、
支払うというものです。提示することで、クレジットカード会社が一時、支払いを”肩代わり”して支払い、
その後、決められた期日に、カードの使用者に代金を請求するのです。
要するに、クレジットカード会社が、契約者を信用する行為、つまるところ「クレジット」するとい
う意味になります。


ここで素朴な疑問です!カードを紛失したり、盗難に遭った場合はどうなるのでしょうか?


そういう場合では、すばやくクレジットカード会社に連絡することが重要となります。
そうすれば、会社が利用を停止する手続きをとりますから、もし、不正が行われるようなことが起きても、
被害を最小限に抑えることが可能です。


しかし、最近のカードには、あらかじめいろいろな
『損害保険機能』が充実していて、必要以上に心配する事はありません。ただし、その機能上、
100%安心とは言い切れないジレンマがあるのも事実です。


年会費無料のクレジットカードでも、思いのほかそのあたりの保障は
充実しているものがありますので、よくお調べになってから入会することをお勧めします。