クレジットカード会社の儲けはどこから?

クレジットカード会社の儲けはどこから?

私達がお店などで商品を買う場合、クレジットカード決算を使う
使用料は、私達消費者ではなくお店側が負担しています。

例えば
一万円の商品をクレジットカードを使って支払う場合は次のような流れになります。

クレジット会社   ⇒⇒   お店   ⇒⇒   私達   ⇒⇒   クレジット会社
         9700円      商品      10,000円
				  
このような感じになります。まず、クレジットカードをお店で使用したとき、
クレジットカード会社は支払い総額の3%〜5%をシステム使用料として
お店側に払うはずの一万円から天引きしてお店に渡します。一万円の取引で
したら、その3%である300円を差し引いて9700円をお店に支払って
いるんです。そして、私達クレジットカードを使った消費者は後からの請求書
でクレジットカード会社に一万円を払う事になります。

クレジットカード会社は9700円しか支払ってないのですから、

10,000円−9,700円=300円

で、300円の儲けが生まれます。ですので私達、消費者はクレジット決算をしても
使用料や手数料は取られることはありません。