プラチナカード

プラチナカードとは

ゴールドカードはよく聴きますね、ではプラチナカードとの違いは何でしょうか?
また、どのようにすればプラチナカードを保有することができるのでしょうか?

ゴールドカードよりワンランク上のサービスを提供するのがプラチナカード。
年会費はゴールドカードより高額ですが、付帯サービスが大幅にグレードアップしています。

まず、海外旅行や宿泊関連のサービスが充実しています。

三井住友VISAのゴールドカードの年会費は10,500円。一方、
プラチナカードの年会費は52,500円と約5倍です。その差額分の内容はどのようなものなのか。

三井住友VISAの場合、ゴールドカードの旅行傷害保険は最高5,000万円の保証ですが、
プラチナカードは最高1億円まで補償されます。

また、ゴールドカードでは無料利用できる空港ラウンジは国内空港のみという場合が多いですが、
プラチナカードでは海外主要空港のラウンジが無料で利用できます。

三井住友VISAやアメリカン・エキスプレスのプラチナカードには、
世界90か国の空港にある500か所以上の空港ラウンジが無料で利用できる
「プライオリティ・パス」が付帯します。このプライオリティ・パスは個人で購入すると
約50,000円するものなので、海外旅行や海外出張に頻繁に行く人にはうれしいサービスです。

その他にも、航空券や提携ホテルの無料アップグレード、または、
チケット優先予約や有名レストランの座席のキープなど旅行や宿泊関連の
サービスが充実しているのが特徴です。

旅行や海外出長などが多い方には自己を満足させてくれる内容の充実が
プラチナカードの魅力の一つです。

誕生日にプレゼントが贈られてくるといった会員個々人に対応した
きめ細かなサービスもプラチナカードならでは
のサービスです。

プラチナカード「招待制」が基本

「招待制」とは、カード会社からの優待の連絡がなければ、
こちらから申し込んでも、「プラチナカード」は保有できません。
それだけ、選ばれた人だけが持てるステータスの象徴がプラチナカードです。

ゴールドカードの場合、自分で申込を行い、年収や勤続年数など一定の条件を満たせば
保有することができますので、プラチナカードとのステータスシンボル的な価値はれきぜんとしていますね。


プラチナカードを保有できる条件は一般には公開されていません。
その分、優待の連絡が来たときは、合格発表のあの感動そのままに
飛び上がるくらいうれしいものです。

まずはゴールドカーで信用積み重ねて、あちらからの「優待」の連絡をじっくり待ちましょう。