糖尿病の症状とは

症状


糖尿病


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)


※日本食養の会会長、 総合免疫治療研究所所長の藤城博先生が監修しています!


症状


糖尿病ってどんな症状なの?


体脂肪1キロ・グラムのエネルギー量は約7200キロ・カロリー


症状


〜糖尿病の種類は大きく分けて4つ〜


● 1型


膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。


● 2型


インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。


● 遺伝子の異常またはほかの病気が原因となるもの


遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。


● 妊娠糖尿病


妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。


糖尿病とブドウ糖

血液中のブドウ糖が適正範囲を超えて上昇した状態が慢性的に持続し、 それに由来する様々な組織・臓器障害(合併症)が生じる一連の症候群が 糖尿病です。


一言でいうと、血液の中に含まれる糖の濃度が高い状態が長く続く症状 の病気です。血中の糖の濃度がある程度高くなると、尿の中にブドウ糖が漏れてくることがあるため、「糖尿病」と名づけられました。

糖尿病による合併症

糖尿病自体も怖い病気ですが、その糖尿病を放置していると、合併症も誘発するおそれがあります。


  • 糖尿病神経障害
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症

以上が糖尿病による3大合併症


糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、 糖尿病発症時から10〜15年でこれらの合併症が出てくる 恐れがあります。


以下は3大合併症のおもな症状です


糖尿病神経障害


合併症の中で最も早く出てくるのがこれです。中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。


糖尿病網膜症


目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。


糖尿病腎症


おしっこを作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、だんだんにおしっこが作れなくなります。すると人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければなりません。週に2〜3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。


食生活欧米化と糖尿病に関係は?

日本が信じて疑わなかった多くの価値観は昭和20年の敗戦によってその根底から一変しました。 戦後の占領期間は体の大きいアメリカ軍を目の当たりにして、いかに日本人の体格が貧弱であったかを思い知らされ、 物量豊富で先進的文明を築き上げたアメリカの偉大さに圧倒されました。


経済、教育、文化などあらゆる面で見習うべき対象になり、 食生活も例外ではありませんでした。


そのアメリカの対日戦略は通称「アメリカ小麦戦略」といわれ、数百の項目に上る裏工作が密かにおこなわれました。 なかでも成功したのは学校給食への介入です。 戦後の財政難が深刻化した昭和20年代後半、学校給食は廃止か存続かの岐路に立たされ「学校給食最大の危機」ともいわれました。


これを好機と見たアメリカは余剰農産物援助をエサにしてパンとミルクの給食を緻密な介入作戦によって定着させました。


症状

今現在、北朝鮮の問題が取り上げられていますが、今もなおアメリカ、はこの『アメリカ小麦戦略』の北朝鮮バージョンを 行う計画をしているのでしょうか・・・


糖尿病の歴史

糖尿

糖尿病の歴史は古く、最古の記録はBC1500年頃の古代エジプトのパピルス エベルスに糖尿病の記載と思われる文章が認められます。また、紀元1世紀のころローマの医師でアレタエウスが、糖尿病の症状について詳細に記録していまsした。


一方、東洋でも紀元ごろの中国で消渇という名前で医学書に糖尿病の記載が認められ、すでに美食との関連が述べられていましたそうです。


日本においては平安時代、摂政関白としてわが世を満月にたとえ欠けたるものは無しと権力と富を手にした関白藤原道長。この人物の伝記である御堂関白日記にその生活ぶり、病気のことが細かく書かれていますが、その記述から糖尿病であったと考えられます。