糖尿病の食事療法(糖尿病食 )

糖尿病の食事療法

糖尿病・高脂血症・高血圧などのいわゆる生活習慣病は、不規則で栄養の偏った食習慣がその発病・進行に大きく関わっています。


そこで大切なのが食事療法(糖尿病食 )


でも難しく考える事はありません。栄養バランスの取れた適量の食事を、規則正しくとる事さえ守れば、後はお好きな料理を楽しむ事ができるのです。この糖尿病の食事療法ガイドを上手に活用して美味しい健康食を食卓に飾りましょう!


糖尿病の食事療法


糖尿病というと「尿に糖が出る病気」と思われがちですが、これは糖尿病のひとつの症状にすぎません。重要なのは、血液中の糖分(血糖)が異常に高い状態(高血糖)が続くこと・・・・。 高血糖を放っておくと、目や腎臓の障害、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。


高血糖は、膵臓から出るインスリンというホルモンの働きが低下して起こります。インスリンの働きは血糖を利用するのに不可欠。


このため、インスリンの働き以上に食べすぎると、血中の糖分が利用されずに残り、尿に混じって出ていきます。 膵臓から出されるインスリンの働きに見合った量の食事をしていれば、糖分は十分利用され、高血糖を防ぐことができるのです。


糖尿病の症状はこちらTOP