糖尿病予防

日本糖尿病療養指導士について

「日本糖尿病療養指導士認定更新のための研修単位」の一部に、研修会主催者からの申請を受けて認定機構が審査し「単位の取得できる研修会」として認定する制度


1. 日本糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、医師の指示の下で患者に熟練した療養指導を行うことのできる医療従事者(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の資格を有する者および准看護師、栄養士の資格を有する者。


但し、准看護師、栄養士に対する受験資格附与は平成12年度より平成16年度までとする)に対し、本機構が与える資格である。


2. 糖尿病患者の療養指導は糖尿病の治療そのものであるとする立場から、患者に対する療養指導業務は、わが国の医療法で定められているそれぞれの医療職の業務に則って行うものとする。


日本糖尿病療養指導士認定機構の存在

 生活習慣病とかメタボリック・シンドロームという言葉がメディアを賑わし、医療費問題も加わって、糖尿病対策は国家的規模で受け止めていかなければならない時代です。


一方では、地方における糖尿病専門医不足も深刻化しています。そのため、今後コメディカルの方々からのサポートを期待する国民の声はますます高まっていくでしょう。その声に応えるために、私たち医療人はそれぞれの職種の特殊能力を活かし、チームを組んで今後の糖尿病対策に奉仕していかなければなりません。


 未だ糖尿病療養指導士でない方には、わが国の糖尿病対策チームの一員になるための入り口としての療養指導士資格にチャレンジされることをお勧めします。


また、すでに療養指導士の資格をお持ちの方には、いわば“糖尿病療養指導大学”の入学試験に合格したという意識で、進級に向けてさらなる知識・技能・態度の修得に励んでいただきたいと思います。


でも、この大学に卒業はあるのでしょうか。それは私たちが医療人である限り在籍していなければならない大学だろうと思います。糖尿病療養指導士は、自分が修得したものを必要としている糖尿病の方々に謙虚にフィードバックすること、さらにそれを一歩踏み出して、糖尿病の発症を減らすことこそ、人々から本機構に課せられたタスクだと思います。


日本糖尿病療養指導士認定機構  理事長挨拶抜粋
糖尿病の症状はこちらTOP