糖尿病予防

糖尿病の食事療法

糖尿病


糖尿病と診断されてしまったら、日常の生活強度に合った食事をする必要があります(食事療法)


食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とするすべての栄養素をとるように工夫します。バランスのとれた食事になるので、家族と一緒に食べられます。


1日に食べる量は、お医者さんから指示を受けますが、目安としては、次のとおりです。


 総エネルギー量 = 標準体重 × 仕事別消費カロリー  (標準体重1kgあたり)


  • 事務職、主婦
  • 25〜30kcal
  • 中程度(製造・販売業、自営業の主婦など)の労働に携わる人
  • 30〜35kcal
  • 重労働(農・漁業、建築業など)に携わる人
  • 35kcal

エネルギー量の計算は、80kcalを1単位として計算する方法が簡単で、一般的です。「糖尿病食事療法のための食品交換表」(文光堂)に、詳しい方法が紹介されています。

糖尿病の症状はこちらTOP