糖尿病と遺伝

糖尿病/糖尿病と遺伝関係は?

糖尿病そのものが遺伝するわけではありませんが、たしかに糖尿病になりやすい体質は 遺伝する場合があります。 通常は年に1〜2回、血糖値や検尿の検査を受けていれば充分でしょう。


ただし、糖尿病になってしまっていても、ごく初期には、空腹時に検査をすると血糖や尿糖が正常の場合があり得ます。


ですので、糖尿病の早期発見のためには、わざと食後に健診を受けることをおすすめします。また、健診の結果で要注意などの指示が出たら、絶対にそのままにせず、すぐに再検査や精密検査(ブドウ糖負荷試験など)を受けることが大切です。



糖尿病/遺伝について


遺伝(いでん)とは、生殖によって、親から子へと形質が伝わるという現象のことであり、生物の基本的な性質の一つである。


素朴な意味では、親子に似通った点があれば、遺伝によるものだ、という言い方をする。しかし、生命現象としての遺伝は、後天的な母子感染による疾患や、非物質的情報伝達(学習など)による行動の類似化などは含まれない。


遺伝現象は、人間の親子関係や栽培植物、家畜やペットの育種などを通じて意識され、そのような中で、単にすべての形質が親から子に伝わるものではなく、伝わりにくい形質や、何世代かをおいて出現する形質があることなど、さまざまな不思議な点があることが意識されるようになり、科学的な解明が始められた。


また、品種改良などにおいては、経験則の下で進められていたものに、はっきりした理屈が与えられれば、さらに発展が見込めることなど、実用的必要性もあった。そういう中から遺伝学が発展してきたものである。



がんはがDNAの障害によって起こることがわかっているようです。逆に言えば、障害のある遺伝子を正常なDNAで置き換えれば、病気自体を治すことができる理屈になります。


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

糖尿病の症状はこちらTOP