献血と糖尿病

糖尿病/献血と糖尿病について

糖尿病だから絶対に献血ができないという根拠はないと思いますが、 以下のような点がひっかかる可能性はあります。


1)献血する側の安全のために


  • 現在の体調に異常がある場合は献血を控えるべき(当然ですが)
  • 動脈硬化が進展している場合、現在異常がなくても採血の影響によって 脳卒中や心臓発作などを起こす恐れがある
  • 採血中に低血糖などの発作を起こされると困る

    2)輸血を受ける側の安全のために


  • 治療に薬剤を使用している場合は献血を控えるべき(ビタミン剤や一般的な胃薬などを除いて)


ですので、糖尿病の早期発見のためには、わざと食後に健診を受けることをおすすめします。


また、健診の結果で要注意などの指示が出たら、絶対にそのままにせず、すぐに再検査や精密検査(ブドウ糖負荷試験など)を受けることが大切です。



糖尿病/献血について


日本では輸血用血液の供血は全て無償であり「献血」と言っている。


検査目的の献血を吸い寄せる危険性が危惧され、2000年には抗体陰性PCR陽性の2例が発見された。PCR検査の感度以下のウィンドウ期血液がすり抜ける可能性は数年に1例以下と推定される。


2005年には1.468人/10万人に初めて低下したが、この年から献血に身分証明書を必要とするようになったためと言われている。



社団法人類似組織。日本において赤十字活動を行う唯一の団体。略称は「日赤」(にっせき)。


献血と糖尿病について

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

糖尿病の症状はこちらTOP