高血糖の対応

糖尿病/高血糖の対応について

一般論でいえば、血糖値が600〜700もあって、体重減少を伴うような場合は、高血糖による昏睡の危険さえあり得ます。緊急入院が必要になる可能性が高いです。


なお、ベイスンは食後過血糖改善薬というたぐいの薬で、空腹時血糖はあまり高くないが食後だけ血糖値が上昇しやすい患者さんに主に使われます。この段階の治療薬としてふさわしいものとは思われない。



糖尿病/血糖値について


血液中のブドウ糖の量を示す、糖尿病の判定には欠かせない値です。正常の血糖値は60〜150mg/dLに維持されていますが、インスリンのはたらきに障害が起きると血糖値は上がり、空腹時血糖が126mg/dL以上になると糖尿病と診断されます。


高血糖の対応について

人間は、というより生物は歴史的には現在の日本人のように「食べ過ぎてしまって困る」というような環境におかれたことはほとんどないものと考えられる。その証拠に、食べ過ぎてしまって血糖が上昇してしまうことに対する防御機構を、人間はほとんど備えていない。たとえば糖がたっぷりのペットボトル飲料を毎日毎日大量飲むというだけのことで、容易に糖尿病性ケトアシドーシスのような生命の危機に及ぶ重篤な疾患をおこしうる(ペットボトル症候群)。


ペットボトルのコーラなんかは、若い頃よく飲んだものですが・・・


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

糖尿病の症状はこちらTOP