喫煙について

糖尿病/喫煙について

たばこは極めて強力な、動脈硬化促進因子です。経験的には、糖尿病性足壊疽という合併症をおこして、足を切断しなければ ならなくなった患者さんもいるほど。


軽いたばこ10本でも、全く吸わないのと比べると非常に大きな差があります。さらに、 ニコチンの少ない「軽い」たばこを吸うと、「きつい」たばこに比べて かえって一酸化炭素などの有害物質が血中に増加するというデータがあります。(軽いたばこは深く吸わないと満足感がないためかもしれません)


糖尿病/ニコチンについて


薬理作用 毎年約3分の1の喫煙者が禁煙を試みているが、うち10%以下しか成功しないという事実も示すように、喫煙には依存性がある。喫煙の依存性の原因の第一にニコチンがあげられる。ニコチンには明らかな依存性があることが知られている。


高血糖の対応について

この中脳辺縁系のドパミン神経の興奮を介した依存性の形成メカニズムは、他の依存性薬物(コカイン、ヘロイン、アンフェタミンなど)と同じである。


『人体に対する中毒量は 1〜4 mg』 『致死量は成人で 50〜60 mg、子供の場合 10〜20 mg』 『「毒物及び劇物取締法」に指定された毒物』


【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。
たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

糖尿病の症状はこちらTOP